2014年02月18日

EGF配合化粧品はしわやしみに効果が無い!?




EGFはご存知でしょうか。


上皮成長因子と呼ばれるもので、
医療現場でも火傷した皮膚の治療などに使われていた
細胞の成長と増殖に影響を与えるたんぱく質です。



EGF配合化粧品のしわやしみに対する実力とは


EGFは皮膚に水分を与えるというような従来の化粧品の発想ではなく
細胞自体を活性化させる働きをします。


昨今の化粧品の効果は目を見張るものがあります。
美白化粧品の白斑トラブルが記憶に新しいですが、
化粧品というカテゴリの製品がそこまで人体に影響を与えるのです。




EGFは細胞の受容体に働きかけ、増殖させる作用があります。
細胞が増殖することで肌の代謝を促進し、肌を甦らせるのです。


美容医療の現場でも使用されている成分なので、
肌への良い影響を強く期待できるというわけです。




EGF配合化粧品がしわやしみに効果を発揮するのは難しい


私は化粧水やローションで
EGFがうまく働くのは難しいと考えています。


美容医療の現場でEGFが使用されているのは間違いないのですが、
使われ方が違います。


そもそも皮膚の表面に塗ったぐらいでは、
肌の奥まで有効成分がそうそう浸透しません。


シートパックなどで、
ある程度長時間吸収させれば少しは違うのかもしれませんが、
大して変わらないと思います。


医療現場では肌に小さな穴を開けて注入し、
強制的に肌を活性化させることを目的に使用します。


この施術方法から考えても、
肌の奥に有効成分を届けるのは簡単ではないのです。


さらに化粧品と、美容医療の現場で使わているEGFでは濃度が違います。
化粧品に配合できる量は薬事法により決まっているので、
加減した量しか配合できないのです。




EGFとしわやしみのまとめ


EGF自体は肌に良い影響がある成分ですが、
過度な期待はしない方がよいでしょう。



化粧品は効果を約束するものではなく、
効果を期待するものです。


そもそもEGFは体内で生成される成分です。
暮らしや食事を見直し、自分の持っている体の機能を
呼び起こす行動をする方が健康的で有意義ではないでしょうか。


…何より、EGF配合化粧品…高いです(^-^;






次回は美容と漢方についてお話しします。





【しわしみ対策の最新記事】
posted by aki at 12:00 | しわしみ対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ピックアップ記事


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。