2014年01月06日

しわやしみが目立つ人がしている、やってはいけない3つのこと

oba-san.png


「しわやしみを消したい、目立たなくしたい」
これはある程度年齢を重ねた女性なら誰もが思うことです。
今現在あるしわやしみへの対策も重要ですが
少し見方を変えた、根本的に重要なことがあります。

同じ年齢なのに見た目の印象が全く違う方っていらっしゃいます。
同窓会に行って「昔と全然変わらない」という方もいれば
「だいぶ苦労してきたのね」という方もいます。


しわやしみは誰にでもできるものですが、
しわやしみが多い人と少ない人では行動に明らかな違いがあるのです。


新たなしわやしみを作らないことが、今現在あるしわやしみの対策になる


後述しますが、しわやしみの予防と、
できてしまったしわやしみへの対策の基本は
実のところほぼ同じなのです。
(美容皮膚科のような医療機関にかかることをお考えの方は
この限りではありませんが。)
ですので新たなしわやしみを作らない、つまり予防が対策となるのです。


しわやしみの予防に大事なことはたった3つのことです。
それは「紫外線」「食事」「睡眠」に他なりません。
この他にストレスなども多少は関わってきますが、
大半…ほぼ9割はこれら3つがポイントだと考えています。


しわやしみが多い人はこれをやっている


しわやしみが多い人がどんな生活をしているのか、
これを知ることで自ずと予防のポイントが見えてきます。
しわやしみを育てないためにやってはいけないことがこれらなのです。


【紫外線対策をあまりしていない】
常識だとお思いでしょうが、意外と徹底されていないようです。
インターネットアンケートでは1年中紫外線対策をしている女性は
6割程度で、冬は特に対策していない方が多いようです。
しわやしみ等、肌に影響のある種類の紫外線は冬になると
夏の3分の1になるといわれていますが、
1時間外出して陽に当たると、真夏の15分よりも
30%多い紫外線を浴びている
ことになります。
さらに冬は乾燥していますので肌のバリア機能が低下しています。
紫外線の影響は夏よりも受けやすいといえるでしょう。


もし、しわやしみは気になるけれど冬に対策をしていないという方は
意識を改めたほうがよいといえます。


【食事に偏りがある】
当然ですが、身体は食事によって作られています。
食事をとらなないということは
身体を作る材料が供給されないということであり、
そのままでいては死んでしまいます。


もう一度言いますが、食事は身体を作る材料をとるという行動です。


どんな建物でも、きちんと材料が揃わない状態で作ると
ちょっとしたことで壊れるようなものが出来上がってしまいます。
壊れていなくとも、雨風をしのげることや安心して眠れるといった
建物としての機能が欠落したものになってしまうかもしれません。


バランスよくいい材料を身体に提供すれば身体はきちんと仕事をします。
いい身体を作ってくれるのです。
このぐらいいいやと思わず、一食一食を大事にしていってください。


【睡眠が不規則】
日本人は働き過ぎだとよく言われます。
2013年の調査では日本人の睡眠時間は平均すると
6時間22分だという結果が出ています。
睡眠は短くとも長くとも死亡率が高くなるとされていて、
一概に何時間の睡眠がいいとはいえません。
かの物理学者アインシュタインは一日10時間以上眠っていたといわれていますし、
エジソンの睡眠時間は4時間だっといわれています。
個人で適正な睡眠時間は異なるのです。


しかししわやしみ対策として睡眠を考える場合は、眠りにつくのに適切な時間があります。
これは「肌のゴールデンタイム」とか「シンデレラタイム」なんて呼ばれています。
具体的なその時間は夜の10時〜夜中の2時の間です。
この時間に眠りについていることが大切です。
昼間にダメージを受けた肌の修復作業やホルモン分泌が活発なのがこの時間なのです。


そして身体にこの肌のゴールデンタイムを覚えさせて肌を維持するのには体内時計をきちんと合わせておくことが重要です。
今日夜の10時に寝て、明日は深夜1時に寝て…というようなバラバラの就寝では体内時計は狂ってしまいます。
ホルモンの分泌がスムーズに行われず、肌への影響が大きくなってしまいます。
できれば夜の11時なら11時と決めて、毎日ほぼ同じ時間帯に眠りにつくことが肌の状態を保つことに繋がります。
何時間眠るかよりも自分のリズムを作ることに重きをおいてください。


しわしみ対策は一日にしてならず。気をつけるのは3つだけれど甘くない!


「紫外線」「食事」「睡眠」
この3つです。
面倒だと思ってしまうかもしれませんが、加齢は誰も逃れることができないもの。
キレイな人は必ず気をつけています。
これらに気を使わずにキレイでいられるのは人形だけだと思います。
いえ、人形ですらやはり紫外線で変色なりが起こってしまいます。
キレイな人の「何もやっていない」は信じてはいけないと思います。


しわやしみ対策として「紫外線」「食事」「睡眠」の3つに触れましたが、
これは美容以前に健康な体づくりとして重要なことなのです。
健康なくして美はありえないということです。
基本の考え方はここにあるのです。


全てのことに言えますが、あとはやるかやらないかだけです。





【しわしみ対策の最新記事】
posted by aki at 16:54 | しわしみ対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ピックアップ記事


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。